新潟大学附属図書館速報
第107号
2008.8.5発行

 

Web of Science と論文被引用数ランキング

 最近よく話題になる、日本の研究機関の論文被引用数ランキングは、Web of Science の論文単位の被引用関係(回数)をもとに算出されています。 Web of Science では、論文単位の被引用関係や被引用回数、それを集めた個人単位の被引用関係・回数、機関単位の被引用関係・回数を見ることができますが、 それを日本の研究機関毎に集計したものが、論文被引用数ランキングとなります。

 Web of Science の提供業者(トムソン・ロイター社)から、毎年「日本の論文の引用動向」が公表され、今年4月にも1997-2007年を 対象とした研究機関毎の集計データが公表されました。総合分野で20位、個別4分野で10位までのランキングが公表されていますが、 残念ながら新潟大学はそのいずれにも入りませんでした。
 そこで、Web of Science の提供業者に依頼し、新潟大学まで含んだ順位のランキングデータを入手し、上記の1997-2007ランキング データと併せて「Web of Science 利用案内」のページ
("http://www.lib.niigata-u.ac.jp/joho/Wos/Wos.html") に掲載いたしましたので、お知らせします。

 なお、雑誌の重要度を測る指標の一つとしてのインパクトファクター(IF; ImpactFactor) は、Web of Science の論文被引用回数を 雑誌単位に集計して算出したものです。インパクトファクターに ついて、詳しくは下記の関連サイト等をご覧下さい。
("http://www.thomsonscientific.jp/products/jcr/support/faq/")