新潟大学附属図書館速報
第170号
2010.10.5発行

 

『佐渡金山圖會』高精細画像のホームページ開設と記念展示について

 新潟大学附属図書館では、佐渡金銀山の世界遺産登録支援の一環として、 江戸時代中期の佐渡金銀山での小判の作製にかかる高い技術を広く世界に伝えるため、 10月1日より、新潟大学が所蔵する貴重資料『佐渡金山圖會』の高精細デジタル画像をホームページに公開いたしました。 このサイトでは、肉眼で見るよりもはるかに大きくて詳細な画像をご覧いただけます。
 なお、『佐渡金山圖會』には、江戸中期の佐渡金山での採鉱・精錬の様子や作業工程が わかりやすく絵巻風に描かれていますが、それ以外にも、たとえば犬と戯れる子供たちの姿や、 町屋で田楽をほおばる町人、乳飲み子を抱えて作業する女性の姿など、 当時の人々の生活がいきいきとユニークに描かれています。 場面ごとに登場する江戸時代のさまざまな人々の姿をゆっくりとお楽しみください。
◆URL:http://www.lib.niigata-u.ac.jp/sadokinzan/index.html


 また、新潟大学の秋の一大イベントである「新潟大学WeeK」に合わせて、 新潟大学中央図書館2階の展示コーナーに於いて10月6日〜19日まで『佐渡金山圖會』の現物を、 高精細デジタル画像とともに公開いたします。是非お越しいただき、ご覧ください。
◆URL:http://www.lib.niigata-u.ac.jp/News/101005b.pdf