聞蔵II ビジュアル
朝日新聞オンライン記事データベース for Libraries


「聞蔵(きくぞう)II ビジュアル」は、朝日新聞社が提供する新聞記事データベースです。
以下の《聞蔵II ビジュアルログイン画面へ》ボタンをクリックして、ご利用ください。

※本学の同時アクセス数は「1」です。
検索が終了したら、必ず画面右上の《ログアウト》をクリックしてください。




概要

「聞蔵(きくぞう)II ビジュアル」は、大学・公共図書館向けのスタンダード「聞蔵」に紙面イメージ、切り抜きイメージの「ビジュアル」要素を追加した新聞記事データベースです。
1879年(明治12年)の創刊号から今日までの約1,300万件以上の記事を収録した国内最大級の新聞記事オンラインデータベースです。


【収録内容と特徴】

・朝日新聞(1985〜当日)

本文を対象とした全文検索や、発行日検索・面名検索などニーズに合わせて検索できます。
2005年11月以降は、本文データに加え、新聞の切り抜きイメージ(PDFファイル)も表示できます。
当日の記事は基本的に午前9時から検索可能。夕刊は午後7時頃から検索可能となります。

・朝日新聞縮刷版 昭和戦後紙面データベース(1945〜1999)
・朝日新聞縮刷版 昭和戦前紙面データベース(1926〜1945)
・朝日新聞縮刷版 明治・大正紙面データベース(1879〜1926)

掲載日や見出し、人名や地名、テーマなどのキーワード、分類で検索できます。
紙面イメージ(PDFファイル)を閲覧できます。号外や広告も検索できます。

・現代用語事典 知恵蔵(ちえぞう)
最新の現代用語を約8,000語収録しています。毎年春に最新版を更新します。

・AERA
1988年5月(創刊号)から最新号まで検索できます。

・週刊朝日
2000年4月からニュース面の検索ができます。

・人物データベース
各界の有識者を中心に、経済人、政治家、研究者、文化人、スポーツ選手らの人物情報を検索できます。

・歴史写真アーカイブ
主に満州事変前後から敗戦までの写真約1万枚を検索できます。

・アサヒグラフ
1923年(大正12年)創刊から1945年(昭和20年)までのアサヒグラフ約1,500冊を検索できます。


注意事項

「聞蔵Uビジュアル」は学内でのみ利用できます。

●1.スタートと終了
この画面にある《聞蔵II ビジュアルのログイン画面へ》ボタンをクリックして、ご利用ください。 再度検索する場合も、必ずこの画面から開始してください。
《スタート画面へ(SSL)》ボタンをクリックすると、検索画面が表示されます。

 検索が終了したら必ず《ログアウト》ボタンをクリックしてください。

●2.自動終了
《ログアウト》ボタンを押さないでブラウザを終了したり、ブラウザのウインドウを閉じたりした場合は、一定の時間(通常は10分)を経過すると自動的にセッションを終了します。

*検索をしたり、見出し一覧から記事本文の表示を繰り返している間はセッションは継続されます。画面を切り替えずに同じ画面にしていたり、まったく別のウェブサイトへ飛んだ場合、一定時間(10分)を経過すると自動的にセッションは切断されます。再度、この画面からログインしてください。

●3.パソコンがフリーズした場合
ブラウザやパソコンがフリーズして強制終了をした場合、一定の時間(通常は10分)が経過して自動的にセッションが終了されるまで、本サービスへ再度入ることはできません。

●4.切り抜きイメージ、紙面イメージを見るためには
【朝日新聞1985〜 週刊朝日 AERA】
切り抜きイメージはPDFファイルのため、ご利用のパソコンにAdobe(R) Reader(R) (6.0以降)がインストールされていなければなりません。Adobe(R) Reader(R)は、無料でダウンロードすることができます。
Adobe readerダウンロード


▲ページトップへ