大正九年十月整理警務ニ関スル書類


1500007
分類記号:戸長 U-2
差出者:
受取者:
年代:明治4年〜明治17年(大正9年10月整理)
西暦(初年度):1871/ /
西暦(終年度):1884/99 /
形態:綴
数量:1
キーワード(地名):
キーワード(人名):
種類:2
親目録:1500000
整理番号:A-7
備考:内容は明治期

表題 年代 差出者 受取者 形態
[表紙](大正9年十月整理警務ニ関スル書類) 明治4年〜明治17年(大正9年10月整理)
(金子加藤次原籍并家出之始末につき達) 明治6年2月2日 戸籍掛 刈羽郡堀村戸長副へ
(金子加藤次明治2年8月旅稼につき申上)[前後欠]
(新潟県刈羽郡堀村犯罪につき中野テツについて原籍等申上) 明治17年7月28日 新潟県刈羽郡堀村戸長役場 長野県松本警察署御中
記(永井磯五郎監獄費上納) 明治6年4月27日 監獄掛, 管内計算掛 堀村用掛御中
記(金子加藤次獄中諸入費上納) 明治6年3月23日 戸籍掛 刈羽郡堀村役人中
記(金子加藤次獄中諸入費上納) 明治6年3月24日 刈羽郡堀村副戸長春川善左衛門, 戸長中野仁七郎 戸籍掛御役所
御届(火災届) 明治9年7月3日 第六大区刈羽郡堀村本人中野茂介, 親類中野甚介, 戸長中野仁七郎 新潟県第四号出張所御中
御届(盗難届) 明治16年10月15日 刈羽郡堀村第弐拾八番地中野治作(戸長中野仁七郎奥印) 柏崎警察署御中
御届(盗難届) 明治8年3月24日 第六大区小二区刈羽郡掘村春日長三郎, 用掛中野仁七郎 新潟県令楠木正隆殿
御届(盗難届) 明治7年9月14日 第六大区小二区刈羽郡堀村中野安兵衛妻みつ, 用掛中野仁七郎 新潟県令楠木正隆殿
治第三八二号(新潟県刈羽郡堀村犯罪につき中野テツについて取調依頼) 明治17年7月24日 長野県松本警察署 新潟県刈羽郡堀村戸長役場
手続書(学校時計盗難につき検証手続) 明治16年10月17日 刈羽郡堀村第二十八番地平民農中野次作(戸長中野仁七郎奥印) 柏崎警察署長坂部泰殿
申上候(当村に永井磯五郎と申すもの無之監獄費上納につき調査願) 明治7年5月4日 第六大区小二区刈羽郡堀村用掛中野仁七郎 新潟県計算掛御中
乍恐以書附奉願上候(刈羽郡十二ヶ村 昨年貢米 東京廻米について) 明治5年3月19日 藤橋村庄屋春日熊之助, 堀村庄屋中野仁七郎, 芋川村庄屋鈴木孫右衛門, 他8名 柏崎県租税御役所
乍恐以書面御届ヶ奉申上候(米盗人一件につき御届) 明治5年3月12日 刈羽郡堀村百姓代春川九郎兵衛, 組頭中村藤左衛門, 庄屋中野仁七郎 柏崎県御役所
乍恐以書面奉申上候(印旛裁判所より照会の金子加藤次につき上申) 明治6年2月4日 堀村副戸長春川善左衛門, 戸長中野仁七郎(大区長尾崎三左衛門奥印) 柏崎県参事鳥居断三殿
乍恐以書面奉申上候(印旛裁判所より照会の金子加藤次につき上申) 明治6年2月4日 堀村副戸長春川善左衛門, 戸長中野仁七郎(大区長尾崎三左衛門奥印) 柏崎県参事鳥居断三殿
乍恐以書面奉申上候(印旛裁判所より照会の金子加藤次につき上申) 明治6年2月4日 掘村副戸長春川善左衛門, 戸長中野仁七郎 柏崎県戸籍御役所
乍恐以書面奉申上候(金子加藤次始末につき申上)[後欠]
乍恐以書面奉歎願侯(堀村百姓七人御赦免願) 明治4年12月14日 堀村百姓代春川徳左衛門, 組頭金子重左衛門, 庄屋中野仁七郎 柏崎県御役所
乍恐以書面奉歎願侯(堀村百姓七人御年貢米桝入疑惑御赦免願) 明治4年12月24日 堀村百姓代春川徳右衛門, 組頭金子重左衛門, 庄屋中野仁七郎 柏崎県御投書
乍恐以書面奉歎願侯(堀村百姓七人御年貢米桝入疑惑御赦免願) 明治4年12月14日 堀村百姓代春川徳右衛門, 組頭金子重左衛門, 庄屋中野仁七郎 柏崎県御役所
乍恐以書面奉歎願侯(堀村百姓七人御年貢米枡入疑惑御赦免願) 明治4年12月14日 堀村百姓代春川徳右衛門, 組頭金子重左衛門, 庄屋中野仁七郎 柏崎県御役所
奉差上御請書之事(金子加藤次御引渡につき一札) 明治6年3月23日 堀村副戸長春川善左衛門, 戸長中野仁七郎 柏崎県参事鳥居断三