北越地震実録

 『北越地震実録』は文政11年の三条大地震を記録した板本『越後地震口説』などを書写したものらしい。
 文政11年11月12日朝五ツ時、三条町を震源として直下型の大地震が発生し、三条・燕・見附・今町・与板などの家屋はほとんど全壊する被害を受けた。
 本資料ではこの地震の惨状を「海辺通り出雲崎・弥彦山が崩れて海の中へ押し出し、三条町燕町東本願寺御堂大門残らず倒れ、田畑山川崩れてあふれだし、人馬怪我人数知れず、家数8千件余倒れ、牛馬3千余も殺された」と記している。
 ここには「北越地震大変之図」を掲載した。倒壊し出火した家屋と逃げまどう人々の迫真の様子が描かれている。

収録資料紹介ページへ戻る