諸国御客帳

 日本海に面した出雲崎町は、佐渡の金山の渡海港・北前船の寄港地として栄えた町である。
 近世には幕領となり代官所もおかれており、政治・経済の中心地であった。
 本資料は出雲崎の廻船問屋泊屋(佐野家)の扱った客船の名簿である。
 佐野家の客船帳は日付順に記録したものと地域別に編成した帳簿と2種類が存在するが、ほとんどが後者の地域別帳簿である。
 越後・佐渡・北陸各地はもちろん、蝦夷地や山陰・山陽・畿内まで幅広い地域からの船を扱っている。
 ここでは『(宝暦年中改安永3年改文化2年改)諸国御客帳』の「摂津」の項を掲載した。
 船主、船頭、船の帆形が記録されている。

収録資料紹介ページへ戻る