佐野文庫とは

佐野文庫のあらまし

 佐野文庫は、別名「敬徳書院蔵書」と称し、新潟県三島郡出雲崎町在住の佐野喜平太氏が収集した蔵書で、総数は和漢の典籍5,237点と地方古文書約2,800点に及びます。

 佐野文庫に収められた資料は、国書、漢籍、古文書の3つに大別されます。国書部門は、文学・儒学・史学・漢学など多岐にわたり、名家・学者の旧蔵書など貴重な図書も多くあります。漢籍部門には多くの和刻本に加え、中国の明・清版や朝鮮の銅活字本も含まれています。古文書部門は佐野家と尼瀬町名主京屋(野口家)の文書から構成されます。佐野家文書には同家の商業活動を示す資料が残されています。京屋文書からは近世の町の様子が窺い知ることができます。

佐野家について

 佐野家は、江戸時代に佐渡の金山の渡海港・北前船の寄港地として栄えた出雲崎湊を拠点として活躍した廻船問屋で、屋号を泊屋と称し、のちに地主に転じました。

 佐野喜平太氏は幕末の慶応2年(1866)に出生しました。明治20年(1887)、22歳で尼瀬石油社設立時に頭取となりますが、尼瀬油田の衰退後は、政界へと転身します。明治3年(1900)の立憲政友会新潟支部結成に際して評議員となり、明治34年(1901)には町長に選出され、尼瀬町と出雲崎町の合併問題に奔走しました。その後、明治36年(1903)に県会議員、明治45年(1912)には第11回総選挙に当選し、衆議院議員となりました。

 このような政治・経済活動の傍ら、喜平太氏は学問を好み、明治中期から大正初年にかけての約30年間、さまざまな書物を購入しました。こうして収集された蔵書に、中央政界で活躍し漢詩や書にも通じていた副島種臣が「敬徳書院」と命名したと言われています。

 昭和35年(1960)喜平太氏の孫である佐野泰蔵氏(元新潟県立新潟高校教諭)の意を受け、この蔵書は本学の所蔵となりました。附属図書館では、昭和49年(1974)に『佐野文庫敬徳書院蔵書目録』を刊行し、現在、特殊資料室で保存に努めています。