「異人池復元プロジェクト」リレートーク(2018.8.26)

 企画展示室にて「異人池復元プロジェクト」リレートークを開催しました。
 笹川太郎氏(新潟ハイカラ文庫)からは異人池の出現と消滅について、朱雁氏(積雪地域植物研究所)からは植物研究とりわけ雪椿の研究に邁進された石澤進先生について、石崎智美理学部助教からは異人池が存在していた頃の植生について、橋本博文人文学部教授からは異人池周辺のボーリング・測量調査の結果および文学作品に記された異人池についてなど、それぞれの観点からお話しいただきました。また、急遽トークに加わった教育学部の志賀隆准教授から、展示資料中のツバキについてと、石澤進先生が収集した植物標本コレクションの重要性について説明がありました。
 当日は予想を遥かに上まわる71人もの方にご参加いただきました。会場が手狭で、ご不便をおかけしたことをお詫びします。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

   画像001