ポスター

サテライトミュージアム企画展
「アンモナイト展」

アンモナイトは、恐竜や三葉虫とならんで化石の代名詞といえる生き物です。しかし、その生態はよくわかっていません。それはアンモナイトが6600万年前に絶滅してしまったため、その生きた姿を見ることができないからです。また、アンモナイトの体のやわらかい部分は化石として残っていません。そんなアンモナイトですが、殻の化石を調べることにより、体の仕組みや生活様式の一部を知ることができます。

今回の企画展では、新潟大学での研究や教育に利用されているアンモナイトの化石を展示します。この機会に、アンモナイトを自分の目で見て、また自分の手で触れてみましょう。

開催要項

展示期間 2019年7月20日(土)~8月31日(土)
※毎週月曜日・8月12日(月)~15日(木)は休館です。 
会場 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」
開館時間 火曜日~土曜日 8:30-19:00
日曜日       8:30-17:00 (入館は16:30まで)

スタンプラリー開催!


新潟大学の各施設と県内のミュージアムをつなぐスタンプラリーを実施します。
スタンプ2個ですてきな記念品をプレゼント!

※記念品は会場により異なります。また、アンモナイトの展示がない施設もあります。

体験イベント

【体験コーナー・ふれあいトーク】

体験コーナーでは、化石のスケッチ、地質ぬりえ、動物おり紙などを体験できます。
また、8/3(土)、8/23(金)にふれあいトークを実施します。
会場はいずれも 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」です。お気軽にご参加ください。

    
日時講師内容
8月3日(土) 15:00-17:00岸本 眞五(兵庫古生物研究会代表)
川尻 啄真(新潟大学理学部4年)
竹重 倫直(新潟大学理学部4年)
化石レプリカづくり(当日の様子
8月23日(金) 13:00-15:00 清水 美和 (旭町学術資料展示館) 石けんでアンモナイトを作ろう
(先着20名程度)(当日の様子