ポスター

企画展「原画から見る1980年代TVアニメ」

アニメのキャラクターが動くには様々な素材が必要です。絵コンテ,原画,セル画…。アニメ制作過程から生み出される「アニメ中間素材」のなかでも,原画は特に重要な素材です。本展は,奇跡的にその90%が現存する『夢戦士ウイングマン』(1984-85)第12話の原画に光を当て,映像作家・五島一浩氏とともに,1980年代のアニメ中間素材が秘める創造性を呼び出します。

開催要項

会場 新潟大学旭町学術資料展示館 企画展示室
展示期間 2022年9月7日(水)~11月4日(金) ※毎週月・火曜日は休館です。 
開館時間 水曜日~日曜日 10:00 ~12:00, 13:00~16:30
主催 新潟大学旭町学術資料展示館,新潟大学アジア連携研究センター(アニメ・アーカイブ研究チーム),新潟大学経済科学部
共催 開志専門職大学アニメ・マンガ学部, LASALLE College of the Arts
協力 東映アニメーション,Daiwa Anglo-Japanese Foundation

関連イベント

 下記の関連イベントを開催します。参加を希望される場合は、各イベント用お申し込みフォームからお申し込みください。
詳細は新潟大学アジア連携研究センター(アニメ・アーカイブ研究チーム)のサイトをご覧ください。

アニメ中間素材シンポジウム① 1980年代テレビアニメを語る
日時 2022年9月10日(土)13:30-15:30 (当日の様子
会場 有壬記念館2階 大講義室(先着60名)またはオンライン(Zoom)
登壇者 勝間田 具治(TVシリーズ『夢戦士ウイングマン』シリーズディレクター)        
渡部 英雄(同シリーズ演出)
木村 智哉(開志専門職大学アニメ・マンガ学部准教授)
参加方法 入場無料・要申込(締切:2022年9月8日(木)18:009月5日(月)12:00
専用フォームからお申し込みください。
 
 
アニメ中間素材シンポジウム② アニメ中間素材の創造性:映像作家 五島一浩のメソッドを中心に
日時 2022年9月11日(日)13:30-15:30 (当日の様子
会場 有壬記念館2階 大講義室(先着60名)またはオンライン(Zoom)
講師 五島 一浩
川西 由里(島根県立石見美術館)
神村 幸子(開志専門職大学アニメ・マンガ学部)
ディスカッサント Dario LOLLI (Durham University)
参加方法 入場無料・要申込(締切:2022年9月8日(木)18:009月5日(月)12:00
専用フォームからお申し込みください。
 
 
研究報告会 アニメ中間素材から再考するアニメ研究
日時 2022年10月2日(日)13:30-16:00
会場 有壬記念館2階 大講義室(先着60名)またはオンライン(Zoom)
報告 板倉 史明(神戸大学)
須川 亜紀子(横浜国立大学)
米村 みゆき(専修大学)
Sheuo Hui GAN (LASALLE College of the Arts) 
松本 淳(敬和学園大学)
今井 博英(新潟大学)
三俣 哲(新潟大学)
ディスカッサント 原田 健一(新潟大学)
木村 智哉(開志専門職大学)
司会 石田 美紀(新潟大学)
キム・ジュニアン(新潟大学)
参加方法 入場無料・要申込(締切:2022年9月30日(金)12:00)
専用フォームからお申し込みください。